2009年02月22日

アトピー肌のケアー

アトピー性皮膚炎は赤ちゃんから5歳ぐらいまでの乳幼児の皮膚炎とされていますが、ここ最近では乳幼児以外の大人になってからでもアトピーを発症するケース多くなってきているみたいです。
アトピーは病院での診察そして治療も大切ですが、自宅でのケアーもとても大切とされています。
アトピー肌は乾燥をすることでかゆみや炎症が広がるのでまずは、乾燥をなるべくさせないように、お風呂上りなどに保湿をすぐおこなうことが重要だと思います。
posted by tomomama at 01:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

双子って産み分けできないの?

双子の子供はあこがれる方がたくさんいると思いますが産み分けに関しては双子を産み分けることは現状でいないとされています。私の友達に双子の男の子を育てている方がいらっしゃいますが、はじめての出産で双子だったためかなり育児に奮闘されていました。双子の産み分けに関して調べようと思ったさいに聞いたのですが、双子を産んで育てることはあまくないと怒られてしまいました・・・・双子を産み分けようなんて簡単に言わないでほしいということです。とにもかくにも双子を産み分ける方法は今のところないのでなんともいえませんが、あこがれだけで赤ちゃんを産み分けようなんて思うことはよくないですね〜
乳腺症 子宮頸がん 子供の風邪予防
posted by tomomama at 22:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

中国式の産み分けって当たるの??

赤ちゃんの産み分けの中でも占いで産み分けをする中国式の産み分けカレンダーを聞いたことある人は多いと思います。完璧に占いの分野なのですが、意外にも的中率は高いみたいですね〜世界各国でこの中国式の産み分けをやっている人がたくさんいるみたいなのですが、日本のサイトで中国式産み分けカレンダーでの的中率は、80%ぐらいみたいです。占いの中ではかなり当たりやすいのかな?って感じですが、赤ちゃんの産み分けとなるとちょっと・・・って感じにんると思います。実際に中国式カレンダーで産み分けをやった人は当たった!って言う人もいれば全然当たらない!って言う人も結構いるみたいなので。的中率はあてにならないような気がします。なので真剣に産み分けをやる人には、当たればいいけど当たらなかったら??って逆に気にしすぎて妊娠すらできなさそうなので、軽い気持ちでのぞむほうがいいかも知れませんね〜
posted by tomomama at 01:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

子供のあせも対策

夏真っ盛りで暑い日が続いていますが、この時期はこどものあせもが気になります。子供は汗っかきなので予防と対処が重要となります。あせもの予防として効果的なのがベビーパウダーでお風呂上りや日中汗をかく前につけてあげることであせもの予防になります。あせもになってしまってからベビーパウダーをつけても効果がないので、あせもになったときには塗り薬なのでかゆみを抑えてあげることが大切だと思います。

posted by tomomama at 00:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

産み分けの方法って?

最近はいろんな産み分けの方法がありますよね〜だいたいが産院などでもらう男の子用のグリーンゼリーやリンカル、女の子用のピンクゼリーなどで産み分けをされる方が多いと思います。少し前までは食事による産み分けがあったりしましたが、確実性は微妙でしたね〜また最近は中国式産み分けカレンダーなるものも話題になっているみたいで、成功した人しなかった人それぞれいると思いますが、中国の一人っ子政策にもこの中国式カレンダーは役立っているみたいです。産み分けにはいろいろな方法がありますが、まずは自分の体のリズムを知る基礎体温や排卵日をきちんと知ることが大切だと思います。

排卵チェッカー
posted by tomomama at 04:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

子供の歯科矯正は見た目がわからない?

歯科矯正というと金属で笑うとかなり目立つしちょっと子供には可愛くないものという印象ですが、最近は金属の部分が目立たないものが増えているみたいですね〜子供の歯科矯正は良く歯医者さんなどで検診にいったときにしたほうがいいと言われると思いますが、できれば子供のうちに歯科矯正をしておいたほうがあとあと大人になってからあせってやらなくていいと思いますが、歯科矯正の値段は半端なく高額ですよね〜金額は病院によってまちまちみたいですが、子供のうちにやらせようと思うとこれから学費などを考えるとかなり悩むところでもあります。

排卵チェッカー
エコトート
アトピー
posted by tomomama at 21:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

夏場の水分補給について

もうすぐ夏休みになりますが、暑い日には冷たい飲み物や食べ物をたくさん摂ってしまいますね〜しかし冷たいものの摂りすぎは注意したものです。冷たいアイスなどはお腹をこわしてしまったり、ジュースなどは飲みすぎるとお腹がいっぱいになってしまって通常の食事のリズムもこわしてしまいます。子供のおやつや食事からとる意外の水分補給などは500mlから1000mlが必要とされていて、摂りすぎてはいけないとはいえ暑い日には水分補給は大事なことなのでお茶や水などで十分水分補給することが大切です。

トゥーランドット
posted by tomomama at 01:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

アレルギー体質の人だけがかかるとは限らない気管支喘息

幼児のアレルギーの代表的な気管支喘息ですがアトピーと同様に5歳ぐらいまでに発症するといわれています。気管支喘息には小児喘息と大人の喘息とでわかれますが、小児喘息の場合15歳ぐらいまでに治るとされてきましたが、最近では大人になってから再発やはじめてなる人が多いみたいです。気管支喘息はアトピーと同様にアレルギーによって発症しますが、大人の場合は生活環境や喫煙で発症する場合が多くなってきているみたいです。なのでアトピーのアレルギーとは違い遺伝などでなるケースは少なく、生活環境などで小児喘息も大人の喘息もかかることが多いみたいです。


マタニティヨガ
出産育児一時金
子供の歯科矯正
posted by tomomama at 20:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

子供の食事とおやつ

子供の食事とおやつは育ちざかりの子供にとっては大変重要なものですよね〜食事に関しては朝、昼、晩ときちんと3食食べる習慣をつけておかないと。成長する上でいろいろな問題などがおきる可能性があると思いますし、食べることは生きるということで大切なことでもあります。なにより規則正しい生活のリズムを作るにも食事は大変重要になります。子供のおやつは市販されているものがたくさんありますが、通常の食事をおぎなう役目でもあると思います。最近のおやつというとジャンクフードからスナック菓子、チョコレートなどなどいろいろありますが、きちんとおやつを与える時間を決めるのはもちろんおやつを与えすぎないようにきちんと量を決めておくことも大切だと思います。おやつをだらだらと時間を決めずに食べたり、お腹がいっぱいになるまで食べることは、通常の食事のリズムがくずれるほか、子供の肥満などにもつながるので親がきちんと管理する必要があると思います。

赤ちゃん産み分け
posted by tomomama at 11:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

子供の食物アレルギーの種類

子供のアレルギーというとアトピーや気管支喘息などがありますが、食物でアレルギー反応を起こす食物アレルギーをもつ子供が増えていますよね〜アレルギーを起こす食材もいろいろあり子供が何に反応するのかが食べてみないとわからないのも困るものだと思います。昔から食物アレルギーというと卵や小麦粉などでしたが、今は野菜から魚などアレルギーを起こす食材がたくさんあります。食物アレルギーはショック状態になるアナフィラキシーは重いものだと呼吸困難などを起こすので怖いものです。食物アレルギーの反応としてだいたいが湿疹・じんましんといった皮膚のかゆみなどですが、重い症状になると嘔吐からアナフィラキシーになります。まずは食物アレルギーの症状が出たときにすぐに病院などで対処してもらうことが大切だと思います。

赤ちゃん産み分け
中国式産み分け
posted by tomomama at 09:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

子供もメタボになる?

最近メタボの対策がとられて4月からメタボ診断などもはじまりましたが、子供のメタボ=肥満も世界的に増えているみたいですね〜主に子供が肥満になる原因は食生活と言われています。バランスよく食べさせるのは親の役目でもあるので大切なことだと思います。メタボは生活習慣病とされていて肥満、高脂血症、糖尿病、高血圧などの原因を引き起こすといわれています。子供の体質は3歳ぐらいできまると昔から言われていて3歳ぐらいの時期に太っている場合は生涯太る体質になるみたいです。太る要因は食べすぎや運動不足もそうですが、偏った食事も要因だと思います。子供が痩せすぎよりかは少しふっくらしていたほうがいいと思うのですが
、太りすぎまでいくと高脂血症、高コレステロール血症脂肪肝、肝機能障害、高血圧、睡眠時無呼吸 高尿酸血症などの病気を招いてしまうので、子供の肥満はかなり重要だと思います。

幼児おやつ
男の子産み分け
こどちゃれ
posted by tomomama at 15:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

アトピー性皮膚炎はいつごろから発症する?

乳幼児におこる病気でもあるアトピー性皮膚炎ですが、今は大人になってからでもおこることが多いみたいですね〜主に赤ちゃんから3・4歳ぐらいの子供がおこす皮膚炎でもあるアトピーはかなり厄介なもので、ひどくなる前に早めの対処も重要です。赤ちゃんの場合はもともと肌が弱いのでこまめなケアーが必要となります。病院で赤ちゃんがアトピーと診断がされるのはだいたい7ヶ月ごろです。それまではアトピーと断言できる可能性が低いのとデリケートな肌をもつ赤ちゃんには気をつけなければなりません。いつも肌を綺麗に保つことをおこたわらないようにすることをオススメします。赤ちゃんや子供がアトピーではないかと思ったら早めに病院に行くことが、アトピーを悪化させないための近道です。アトピー性皮膚炎と診断されるとステロイド外用剤を処方してくれますが、この塗り薬は弱いのから強いのまであり、効く効かないも人それぞれ違うので注意が必要です。
また漢方などの治療方法もいろいろとでてきています。アトピー性皮膚炎は完治しにくい病気でもありますが、悪化をさせないよう付き合っていかなくてはいけない病気でもあるので、病院をいくつか回ってみるのもオススメします。

西松屋
女の子産み分け
posted by tomomama at 12:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

集団生活で注意する頭シラミ

新しく保育園や幼稚園、小学校に入園や入学されて新しい生活が始まったと思うのですが、集団生活でおこる頭シラミが気になります。一度流行ってしまうと大変な頭シラミですが、一番注意しなくてはいけないのがもうすぐ始まるプールとかです。十分に注意していても頭シラミは人から人へと感染するので怖いです。まずならないようにしなくてはならないのですが、頭シラミになったときにどうしたらいいか?を知っておいたほうがいいと思います。頭シラミはまずかゆいことからはじまるのですが、これは髪の毛の中でシラミが卵を産みその卵から成虫になったシラミが動くことでかゆくなります。髪の毛をみてふけみたいなものがシラミの卵なのですが、パッと見た感じではわかりずらいので観察が必要だと思います。頭シラミはしらみ駆除シャンプーなどを使って成虫になったものを殺していき、残りの卵はくしなどで根気良くとっていくことで頭シラミを治せるのですが、かなり根気が必要なので大変です。その他にも毎日使う枕やタオルなども毎日清潔にしておくことが大事です。頭シラミはいくら注意していても、移るものなのでもし頭シラミになってしまったら早めの対処が重要だと思います。


男女産み分け
アトピー
posted by tomomama at 02:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。