2008年07月03日

アレルギー体質の人だけがかかるとは限らない気管支喘息

幼児のアレルギーの代表的な気管支喘息ですがアトピーと同様に5歳ぐらいまでに発症するといわれています。気管支喘息には小児喘息と大人の喘息とでわかれますが、小児喘息の場合15歳ぐらいまでに治るとされてきましたが、最近では大人になってから再発やはじめてなる人が多いみたいです。気管支喘息はアトピーと同様にアレルギーによって発症しますが、大人の場合は生活環境や喫煙で発症する場合が多くなってきているみたいです。なのでアトピーのアレルギーとは違い遺伝などでなるケースは少なく、生活環境などで小児喘息も大人の喘息もかかることが多いみたいです。


マタニティヨガ
出産育児一時金
子供の歯科矯正
posted by tomomama at 20:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。